全国生産農場紹介

「ケンボローポーク」生産農場

商品名 「天元豚」

生産農場
村上畜産 (山形県米沢市)
母豚規模
600頭
特徴
肉質が安定しており、鮮やかでドリップロスが少ない(保水性が高い)
  • 肉と脂肪に旨みと締りがあり、しかも柔らかい
  • 獣臭が無く、あっさりしていて食べ飽きがこない
  • 日持ちが良い
  • 抗生物質残留の心配がない
  • HACCP方式に基づいた生産管理をしている
  • 平均70日令以降抗生物質の入っていない飼料で育成している

商品名 「那須高原豚」

生産農場
那須オーシャン牧場 (栃木県那須町)
母豚規模
500頭
特徴
肉質が安定しており、鮮やかでドリップロスが少ない(保水性が高い)
  • 肉と脂肪に旨みと締りがあり、しかも柔らかい
  • 獣臭が無く、あっさりしていて食べ飽きがこない
  • 日持ちが良い
  • 大麦、マイコ(こうりゃん)が主体の飼料配合でとうもろこしを一切使用しない飼料で仕上げられている
  • ビタミン、ミネラルを強化した飼料で育てられている
  • 抗生物質残留の心配がない

商品名 「岩崎畜産ケンボローポーク」

生産農場
岩崎畜産 (千葉県海上郡海上町)
母豚規模
250頭
特徴
肉質が安定しており、鮮やかでドリップロスが少ない(保水性が高い)
  • 肉と脂肪に旨みと締りがあり、しかも柔らかい
  • 獣臭が無く、あっさりしていて食べ飽きがこない
  • 日持ちが良い
  • 遺伝子組換え(GM)をしていないコーンを使用
  • ビタミンEが豊富に含まれている(通常の豚肉の8倍)
  • 抗生物質残留の心配がない

商品名 「やまざきポーク」

生産農場
三沢農場
母豚規模
2,500頭
特徴
肉色が鮮やかで安定している。
  • 肉と脂肪に旨みと締りがあり、しかも食べて柔らかい
  • 肉質で定評のあるバークシャー種が50%入った豚肉
  • HACCP推進工場で製造された純植物性飼料を給与している
  • ビタミンEの含有量が通常の豚肉の7倍ある
  • 平均日令70日令以上は抗生物質の入っていない飼料で育成している

商品名 「未来とん」

生産農場
小田畜産 他4農場
母豚規模
930頭
特徴
高肉質な豚肉を生産するバークシャー種及びデュロック種をかけ合わせた雄豚を使用
  • 飼料にライ麦を配合し、肉質が良質で脂肪の白く締まっている
  • オガコを敷き詰めた豚舎で飼育されており、自然に近い環境で豚の健康が増進される
  • 70日令以上は抗生物質の入っていない飼料で育成している
  • 日頃から定期的に勉強会を開催し生産者グループが一体となって豚肉作りをしている