CHMプログラム

ケンボロー種雌豚の自家生産プログラムで高繁殖性種豚の導入を

CHMプログラムとは?

CHM(種雌豚自家生産)契約を締結することにより、GP種豚を導入していただき、お客様の農場で使用するケンボロー又はケンボロー35を生産していただくことが可能になります。
この方法により種豚の遺伝的メリットを最大限活用していただくことができます。
CHM契約は、お客様に様々な利点を提供いたします。

  • ケンボロー種雌豚を安定かつ効率良く生産することができます
  • 弊社技術スタッフによる生産指導を受けることができます
  • 馴致期間を充分にとることができ、農場の免疫安定化が可能です
  • 導入回数が減ることにより、疾病侵入のリスクが低減します

生産方式

注) 太字で示している種豚は購入していただくもの

契約一般事項

※ 弊社との間に最低2年間のCHM契約を締結していただきます
※ 通常、全母豚規模の6~10%のGP母豚規模が必要となります
※ ご要望により弊社スタッフが生産指導させていただきます